•  
      
      
    
日本医食健康協会
MediCookingをいっしょに学びましょう。


日本医食健康協会について
自分の健康を維持するための食事療法


MediCookingをいっしょに学びましょう

内科の医者として診療の時にいつも考えていることは、いろいろな病気を抱えている方々のために、家族はお金の負担が少なくて面倒でない食事を作って欲しいということです。

ヒトは3歳までの食事が一生を支配します。脂もの、塩辛いもの、間食など多い食習慣が身についてしまうと、成人した後にもその習慣を改める事は難しいのです。自分の健康を維持するための食事療法を主治医に指導されてもそれを続けることが難しいということを経験されている方も多いことでしょう。

材料は普通のスーパーで売っているものが中心で、調理法も家庭の主婦が出来る、飽きない、健康に良い、塩分が少なく、野菜、海藻の多い、そしてなにより美味しいことがコンセプトです。我が家の食卓は美味しくてなんとなく健康に良いみたいだから、外食せずに家に帰って食べたいと思える料理、そういう食事が家庭で用意されていたらどんなに良いでしょうか。

『メディクッキング』とは毎月1回2時間、医師がその月のテーマとなる病気について説明し、その後その病気の予防や治療に役立つ食事のポイントを管理栄養士が解説し、そして西洋料理シェフと日本料理の板前から2品ずつ、その料理の作り方のデモンストレーションを行っています。最後には、参加者との質疑応答と試食を楽しんでいただく企画です。

現在では、登壇くださる医師も増え、内容はさらに充実しています。医療費の負担が増え続ける今こそ疾病を予防し治療に役立つ食事を皆さんで勉強していくときではないかと思います。

協会概要
組織名称:一般社団法人 日本医食健康協会 (英文名:Japan MediCooking Association)
設  立:2014年5月2日
代表理事:林 泰
所 在 地:東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル8F
電話番号:03-3504-8164



メディクッキングについて
1999年から15年間続けて参りました


「ヘルシークッキング」は「MEDICOOKING 」に生まれ変わりました

1999年から15年間続けてまいりました「ヘルシークッキング」は、一般社団法人 日本医食健康協会の設立により「MediCooking 」(メディクッキング)と名称を変えて新たにスタートいたしました。

『MediCooking』(メディクッキング)とは?

『MediCooking』(メディクッキング)では毎月1回2時間、
医師がその月のテーマとなる病気について説明し、
その後その病気の予防や治療に役立つ食事のポイントを管理栄養士が解説し、
そして西洋料理シェフと日本料理の板前から2品ずつ、
その料理の作り方のデモンストレーションを行っています。
最後には、参加者との質疑応答と試食を楽しんでいただく企画です。


受講料:10,000円/お一人様
ペア割(ご家族・ご友人など2人でのご参加)16,000円/2人(8,000円/1人)

受講費用に含まれるもの(テキスト、試食代)


開催場所:レストラン アラスカ 日本プレスセンター店

〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル10F



メディクッキングの流れ
メディクッキングの流れをご説明いたします
13:30 開講
医師による講義(約30分)

特別講師の先生がテーマの病気や症状、予防法、食事の注意点などをスライドを用いて説明します。





14:00〜
栄養士による講義(約15分)

栄養士の蒲池桂子先生が効果的な食材選びや調理法を指導いたします。





14:15〜
料理人(和食)によるデモンストレーション(約25分)

和の料理長が病気を防ぐ和食料理(2品)の作り方を教えます。途中、参加者の中からお一人様がデモンストレーションに加わり、和気あいあいと料理教室が進みます。



14:40〜
料理人(洋食)によるデモンストレーション(約25分)

洋の料理長が病気を防ぐ洋食料理(2品)の作り方を教えます。



15:05〜
試食タイム(約30分)

調理した料理を参加者全員に試食していただきます。







質疑応答

試食していただきながら、医師、栄養士の先生や料理人に、わからないことや知りたいことなど、色々と質問してください。




15:30〜
セミナー終了

次回のメディクッキングの開催情報や、食材の販売などのご案内をして終了です。







講師紹介
医療と食のスペシャリスト

- 医者 -

林 泰(はやし やすし)

【略歴】1982年に内科・消化器科および循環器科を中心として有楽橋クリニックを、1987年には鐘ケ淵クリニックを開設し診療にあたる。1989年には医療法人社団三喜会を設立した。著書に「池田書店のどんどん下げるシリーズ(高血圧・血糖値・コレステロール)」など多数。

【コメント】内科医の日常的診断は、症状を訊いて、診察したあと、必要に応じて検査をし、何か病気が見つかった場合は本人や家族にその病気の説明をします。治療としては、当然、食事療法、運動療法などが主となり、その上で、必要に応じて薬物投与となります。私は、食事療法の必要性を痛感していますので、是非、この様な機会に皆さんと一緒に「栄養と健康」というものを考えていきたいと思っています。


島田 英昭(しまだ ひであき)

【略歴】2009年 東邦大学外科学講座一般・消化器外科教授、2012年より大学院臨床腫瘍学講座教授併任、現在に至る。

【コメント】がんの6割以上は、消化器に発生します。胃がん、大腸がん、肝臓がんなど身近のがんを始めとして、食道がんや膵臓がんのような比較的少ないものの治療が難しいがんもあります。2016年も消化器に発生する癌について早期診断方法や予防方法、加齢現象との関連性などなど、わかりやすくご紹介したいと思います。




赤倉 功一郎(あかくら こういちろう)

【略歴】2002年 東京厚生年金病院 泌尿器科部長。2015年 独立行政法人地域医療機能推進機構 東京新宿メディカルセンター 副院長・泌尿器科部長。専門は、泌尿器科学、特に前立腺癌・前立腺肥大症、尿路結石症。

【コメント】 前立腺癌は欧米に多い病気でしたが、我が国においても近年急増しており、2015年には日本人男性で第1位の罹患数になりました。前立腺癌の発生には、食事をはじめとした生活習慣の欧米化が大きく関与しているものと考えられます。また、頻尿や尿漏れなど、年齢を重ねるとともに増えてくる泌尿器の病気に対して、適切に対処し、元気で快適に生活していく方法について、ごいっしょに考えていきたいと思います。


齊藤 光江(さいとう みつえ)

【略歴】2006年~ 順天堂大学医学部附属順天堂医院にて乳腺科センターを立ち上げる。2012年~ 同大と大学院乳腺内分泌外科教授。日本乳癌学会専門医。2008年~ 国際支持療法学会の制吐剤ガイドライン作成委員。2013年3月 中央大学大学院経営戦略科にてMBA(経営修士)取得。

【コメント】 乳がんは、女性がかかる悪性疾患の中で、一番高頻度にも関わらず死亡率は5番目です。それだけ治りやすいがんなのです。しかし、きちんと治すためには、早期発見以外に様々なタイプの乳がんの中のどのグループに属しているのかを把握し、これまでの信頼性の高いデータに基づいた治療をすることが肝要です。どのようなタイプの乳がんにどのような治療が秦功するのか、また副作用を軽減させて日常生活の質をなるべく保ちながら治療するための支持療法・ケア・工夫に関しても、最新の話題を含めて紹介したいと思います。


吉原 俊雄(よしはら としお)

【略歴】東京女子医大耳鼻咽喉科教授を経て、2016年から東都文京病院耳鼻咽喉科部長。同年より東京医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座客員教授。日本耳鼻咽喉科学会認定専門医。日本口腔・咽頭科学会理事長、日本唾液腺学会参与。

【コメント】 耳鼻咽喉科領域の疾患はめまい、難聴、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、口腔・咽頭の炎症、味覚・嗅覚障害、嚥下障害、ドライマウスそして咽頭、唾液腺や喉頭のがんと極めて多岐にわたります。病気の原因や対処法には食生活と関わる部分も多くみられます。様々な病気とその検査法、治療法についてわかりやすくお話ししたいと思います。



三橋 弘嗣(みつはし ひろつぐ)

【略歴】2004-2005年 岐阜社会保険病院循環器内科医員、2008-2009年 愛知県済生会病院循環器内科医員、2012年- 聖路加国際病院 心血管センター、2016年- 聖路加国際病院 心血管センター 心血管カテーテル室長、日本心血管インタイベンション治療学会専門医 。

【コメント】 心筋梗塞など心血管病は最近食生活の変化によって若年層で急増しています。心血管病の予防での食事療法は重要です。ただし、おいしくない食事をしていては長続きはせず、うまくいきません。また、年齢やBMIによって糖質や塩分などの制限も異なります。是非おいしさを楽しみながら心血管疾患を予防できる食事をみんなで考えていきましょう。




- 栄養士 -

蒲池 桂子(かまち けいこ)

【略歴】1990年 東京慈恵会医科大学糖尿病代謝内分泌内科医局勤務。2000年 栄養学博士取得。2003年 女子栄養大学 栄養クリニック勤務。現在、女子栄養大学栄養クリニック教授、管理栄養士。

【コメント】身体によいものは、美味しく、楽しい料理であって欲しいと思います。料理法によっては、損なわれる栄養素もあれば、反対に相乗効果をもたらす組み合わせもあります。食卓に並ぶ料理には、素材に含まれる栄養素だけでは計り知れない効力があるのです。今回、医学と調理の技の間でどこまでその効果をご紹介できるかが私の役廻りと存じます。楽しく勉強させていただきたいと思います。




- プレゼンター(株式会社アラスカ 代表取締役社長) -

望月 かおる(もちづき かおる)

【略歴】1989年株式会社アラスカ入社。大阪本店勤務を経て05年代表取締役社長に就任。1998年8月15日創業70年を迎えた。わが国でレストランの草分けとして1928年大阪・北浜に開店、それ以来西洋料理レストランの本格派として卓越した、味とサービスを貫いてきた。大阪・東京に16店舗を持つ(2014年8月現在)。

【コメント】限られた食材でしか食事ができなくなってしまい、調理方法で苦労されている方々が大勢いらっしゃるのではないでしょか?プロの料理人が、ごく簡単にご家庭でもできる料理を皆様と御一緒に考えていきたいと思います。この料理教室開催にあたり、先生方、並びに関係各位の方々にご賛同頂き、実現いたしましたことを心より感謝いたします。病気の方も病気でない方も、お気軽にお申し込み下さい。









開催日程
MEDICOOKING 2018年

【第1回】アレルギー性疾患対策
 実施日時:1月20日(土) 13時30分開講


 アレルギーと折り合いをつける食事で症状を軽減する
 医師:林 泰 管理栄養士:蒲池 桂子
【第2回】抗がん剤の最新情報~どこまで治るのか?~
 実施日時:2月24日(土) 13時30分開講


 癌予防を考えた食事
 医師:島田 英昭 管理栄養士:蒲池 桂子
【第3回】最近の乳がん治療の話題
 実施日時:3月31日(土) 13時30分開講


 更年期を乗り切るための食事
 医師:齊藤 光江 管理栄養士:蒲池 桂子
【第4回】アレルギーにかかわる病気
 実施日時:4月21日(土) 13時30分開講


 鼻、のどの粘膜を強化する食事
 医師:吉原 俊雄 管理栄養士:蒲池 桂子
【第5回】腎臓結石・尿管結石
 実施日時:5月12日(土) 13時30分開講


 減塩を工夫した食事
 医師:赤倉 功一郎 管理栄養士:蒲池 桂子
【第6回】尿酸と高血圧、心疾患について
 実施日時:6月2日(土) 13時30分開講


 尿酸値を下げる食事
 医師:三橋 弘嗣 管理栄養士:蒲池 桂子
【第7回】加齢と白内障
 実施日時:7月14日(土) 13時30分開講


 ビタミンたっぷりの食事
 医師:溝田 淳 管理栄養士:蒲池 桂子
【第8回】頑固な咳や痰について
 実施日時:8月4日(土) 13時30分開講


 炎症を抑える食事
 医師:吉原 俊雄 管理栄養士:蒲池 桂子
【第9回】腎臓の働きと慢性腎臓病
 実施日時:9月22日(土) 13時30分開講


 腎臓疾患の食事
 医師:赤倉 功一郎 管理栄養士:蒲池 桂子
【第10回】重粒子線治療の最新の話題
 実施日時:10月6日(土) 13時30分開講


 免疫力を高める簡単本格料理
 医師:島田 英昭 管理栄養士:蒲池 桂子
【第11回】アルツハイマー型認知症の予防と治療
 実施日時:11月17日(土) 13時30分開講


 手間のかからない本格アラスカ特製栄養強化料理
 医師:林 泰 管理栄養士:蒲池 桂子
【第12回】がんの支持療法(副作用対策)について
 実施日時:12月1日(土) 13時30分開講


 味覚の鈍くなっているときの食事
 医師:齊藤 光江 管理栄養士:蒲池 桂子


推薦出版物
日本医食健康協会推薦の出版物

画像をクリックすると購入サイト(別サイト)にジャンプします。
乳がんの人のためのおいしい療養レシピ―乳がんになった人も・予防したい人も毎日安心のとっておき“ごはん”       たべることがめちゃくちゃ楽しくなる! 栄養素キャラクター図鑑

おいしく食べて治す糖尿病       できる! かんたん! 血糖値をどんどん下げる本       できる! かんたん! コレステロールをどんどん下げる本

できる! かんたん! 高血圧をどんどん下げる本       前立腺がん (よくわかる最新医学)       スーパー図解 乳がん (トップ専門医の「家庭の医学」シリーズ)

おいしく食べて治す腎臓病       前立腺がんの最新治療―知っていれば安心 診断から治療のすべて (よくわかる最新医学)












関連サイト

  • レストランアラスカ
  • 医療法人社団 三喜会